民泊対策

民泊経営をお考えの方、スタートされてる方へ

民泊でこんなお悩みないですか
Airbnbを利用して部屋を貸す事は法にふれないの?
「民泊」は旅館業法に違反しているって聞いたけど本当?
ゲストに備品を壊された場合はどうしたらいいの?
ゲストが備品を盗んだ時の対処が知りたい。
ゲストを公共機関まで送迎するサービスは法にふれないの?
食事提供サービスをしても大丈夫?
管理会社に許可なく民泊サービスを開始しても大丈夫?
マンションが民泊に利用されているようで、知らない外国人が多数出入りしていて困っている。
民泊サービスを開始したけど、言語が多種多様すぎてコミュニケーションがとれない。
民泊サービスをスタートさせたものの、思ったほどの収益があがらず悩んでいる。

弁護士に依頼するメリット

法律業務を代理で弁護士が全て行います。

簡単に民泊と言われていますが、民泊には様々な法律が関与しています。また法改正も頻繁に行われているため、一般の方が正しく理解して行う事は大変困難になっています。また弁護士が関与することで、法律に詳しいのはもちろんのこと、相手方も裁判や強制執行となる可能性を考えて、速やかに交渉に臨んでくる場合が多くあります。
さらに、これらに関わる全ての業務は弁護士が代理人として行う為、依頼主さんの負担を大きく減らすことが可能です。

民泊相談の流れ

1法律相談

まずは現状を詳しくお伺いいたします。現状をお伺いしたうえで、依頼主さんのご要望を聞き、法的状況も確認しながら、今後出来る事などをご提案・アドバイスさせていただきます。

矢印
2交渉・裁判などの依頼

法律相談だけで解決しなかった場合は、お見積もりを確認のうえで受任契約を結び、弁護士が代理人として相手方と交渉や訴訟などを行う事ができます。また必要に応じて行政への通報や刑事告訴も行います。

民泊対策の費用

法律相談 無料

受任契約を結ぶ際は、状況を確認したうえでお見積もりを出させていただきます。

民泊対策事例

Aさんより、民泊をスタートさせたものの、近隣住民とのトラブルが絶えないとご相談を受けました。夜中の騒音やゴミ出しのルールが守れていないことで、民泊利用者と近隣住民がもめているとのことでしたが、詳しく話を伺ったところ、民泊利用者にこれらのルールを明示したものがありませんでした。そこで、民泊利用時の契約にゴミ出しルールや夜間騒音禁止などのルールを細かく定めて、徹底を依頼するようにアドバイスしたところ、その後は特に目立ったトラブルもなく、民泊の運営が出来ているとのことでした。